知っていれば安心できる基本的な知識

自動車保険には大きく分けると2種類ある

自動車保険は大きく分けると、必ず加入しなければいけないものと任意で加入するか決めることができるものがあります。このうち、強制で加入しなければならない自動車保険が自賠責保険です。一般的には車を初めて購入した際に加入することになり、車検が切れたのと同時に自賠責保険も切れ、車検を新たに受けたときに自動的に更新することになるので保険に入っているという認識はあまりないかもしれません。ですが、自賠責保険に加入しなければ道路交通法に違反していることになるため、罰則が課せられることになります。一般的に自動車保険と呼ばれているものは後者の任意で加入することができる民間の自動車保険です。任意で加入できる保険ではありますが、自動車を運転している多くの人が任意の自動車保険にも加入しています。

自賠責保険では補償が不完全

自動車を運転している人は全員自賠責保険に加入しているのに、どうしてわざわざ毎月お金を支払ってまで保険に加入しているのだろうと疑問に思うかもしれません。結論から言うと、自賠責保険だけでは万が一の時の補償が不足しているため、多くの人が任意の自動車保険にも加入しています。自賠責保険では傷害事故の場合は120万円、死亡事故の場合でも3,000万円までしか補償されません。しかし、実際には大きな障害事故を起こした場合は120万円以上の賠償を請求されることは普通にありますし、死亡事故を引き起こしてしまった場合、死亡させてしまった人の社会的地位などによっては賠償金が1億円を超えることもあります。そういった時の補償を得るために任意の自動車保険にも加入している人が多いです。